Life × Music × Travel
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Piano Men | main | Chicago Poodleインストアライブ@松任 >>
小曽根真&塩谷哲DUET@金沢
すっごくあったかな素敵なライブでしたぴかぴか
今年3月に小曽根さんのNo Name Horsesのビッグバンドのライブを見て、
5月にSALT(塩谷哲)さんのソロライブを見て、
今回のライブは今年の..私にとっては総集編ってな感じでした。
では、セットリストと簡単なレポをどうぞ。


20061117_253933.jpg

【小曽根真&塩谷哲DUET】
11月16日(THU)金沢市アートホール

1st
1.あこがれのリオデジャネイロ
2.Do You Still Care?
3.Valse
4.Something's Happening
5.Pray -小曽根さんソロ-
6.Spanish Waltz

2nd
1.The Dew of Life -SALTさんソロ-
2.Lazy Uncle
3.Bienvenidos al Mundo
4.Heroes sin Nombre

Enc.
1.モーツァルト〜2台ピアノのためのコンチェルト第3楽章
2.Misty


会場に入ると、ピアノが左右で2台。まるでくっついているかのよう。
へぇー凄いなぁと思っていたらあっという間に開演19時を迎えました。
今回はすごい良席で、実は「いったいどこを見てりゃいいのか分からないたらーっ
てな感じで、終始ドキドキものでしたてれちゃう
そんな感じだったので、いつもより弾いてる時の手の動きやリズムとかも
良く見ることが出来ました。
JAZZってライブ毎にどんな感じに決まるのかが聴いてみなきゃ
やってみなきゃ分からないって感じなので凄く好きです。
1st『Do You Still Care?』では弾いていらっしゃる本人も楽しくて、
しかも上手く決まったらしく「これ、録音しとけば良かったねぇ」なんて
おっしゃってるくらいでした。

今回のDUETツアーでは会場によって登場の仕方が違うらしいのですが、
金沢では小曽根さんはいつも通りステージへ。
SALTさんは後方左側から、開演3分前に作ったと言う
紙コップを合わせた容器の中にシュガースティックを入れたマラカスを
持っての登場でしたわーい
そのコップの中身を当てるクイズもあったんですが、
私、小豆だと思ってましたムニョムニョ

『Valse』『Heroes sin Nombre』ではピアノの音色が複雑で驚き、
『Bienvenidos al Mundo』ではこぼれそうな笑みを浮かべながら
弾いているのが印象的で、まるでピアノで会話してるような錯覚がしました。
SALTソロで聴いた『Spanish Waltz』を今度はDUETで聴くことが
出来て嬉しかったです。帰るまでメロディが忘れられなかったです。
『The Dew of Life』も久しぶりだったし。
最後のモーツァルトもかなりハマりました!
すぐにまた「行きたいよぉ〜泣き顔」って思ってしまう2時間半でした。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://day4smile.jugem.jp/trackback/317
TRACKBACK